中国就職相談,中国留学相談,中国国際結婚相談,中国生活相談など中国に関する相談なんでも無料でお答えします

中国なんでも相談室/中国留学相談の質問事例


中国なんでも相談室/中国留学相談の質問事例

〜Q1 中国で語学留学をして中国語がしゃべれるように

    なりたいのですがどのぐらいの期間、

    語学留学すれば中国語が話せるようになりますか?〜

 

 A1、 人によって差がまちまちです。

     早い人で半年くらいである程度しゃべれるようになる人もいます。

     やはり本人の努力次第です。

      私は半年でマスターする予定で留学をスタートさせましたが、

      最終的に1年留学してから就職活動しました。

      (就職活動時点の私の中国語のレベルはひどいものでしたが。。。)
 

 

 

〜Q2 中国のどの都市で中国語を勉強するのが良いですか? 

     首都の北京がよいようですが、上海を希望しています。〜

 

 A2、 標準中国語(”普通話”と呼ばれます)は、北京語をベースに

     作られていると言われますが、北京で話されている”北京語”は、

     かなり強いR音の癖が有り”普通話”から、かなりかけ離れた

     部分も有ります。

     各地それぞれ地元の言葉があり、学校の先生たちはどの都市でも

     ”普通話”を教えますが、ひとたび外に出ると地元の言葉が中心になり

     ”習っている発音と違う!”と言う事は、たびたびあります。

     奇麗な発音の”普通話”を勉強したいという目的であれば

     ”東北地区”(旧 満州のエリア)が良いと聞きますが、

     生活面で多少不便があるかもしれません。

     さらに留学後就職する際、奇麗な発音の中国語しか聞いた事がないと

     ”なまりのつよい中国語”を聞く能力が弱くなる危険性があります。

     私の場合は広東語バリバリの世界・広州で語学留学したのですが、

     なまりの強い普通話になれているせいか、就職後、地方出身者の

     発音の悪い中国語も奇麗な発音で勉強してきた人たちに比べ

     比較的苦労せずに会話が出来たという逆のメリットがありました。



     学校の中では、奇麗な普通話を教えてもらえるのは

     どこの都市でも同じなので

     留学する都市は、

     ・普段の生活レベル(不便さ)
     ・その都市の好き嫌い
     ・留学費用

     などで総合的な点で決定する事をお勧めします。

 

 

〜Q3 留学費用(生活費)を含め、どのくらいかかりますか??〜

 A3、 生活のレベルや行く都市によって差が大きいです。

     基本的な費用(学費、教科書代、寮費など)以外の

     生活面でかかる費用は、

     田舎の都市であれば、1食10元(約130円)も見ておけば充分です。

     しかし、これが上海などの都市になるとローカルフード(現地の食事)でも

     30〜100元(400〜1300円)くらいになります。


     さらに、”中国では超貧乏生活をして耐えるぞ!”と1食10元のみで

     計算をするとまず金欠になります。

     日本人だと、たまには日本食が食べたくなったり

     西洋料理が食べたくなったりするものです。

     特に中国の日本料理というのは、日本で言う”高級フランス料理”の

     ようなイメージです。

     平気で普段の数倍〜数十倍のお金がスッ飛びます。

     しかし、どうしても食べたくなる瞬間が必ず来ますので、

     多少余裕のある資金計画を立てることが必要になります。 

 

 

 

 『新中国生活おもしろ珍道中』トップ へ戻る

 『中国なんでも相談室』トップ へ戻る

 

 


Copyright(c)2010   A & M チャイナ.  All rights reserved.